極甘審査ファイナンス

カードローンでの借金

海外留学中の一年半の間は収入が無く、カードを使っていました。
そこではじめてカードローンで、自分の返済額は付き5万円で一年の返済予定でローンを組みました。
カード以外にも親に50万円ほどの借金をしました。

 

帰国後は収入どころか仕事すらない無職の状態だったので、なによりも収入の確保のため、生活費の確保のためにバイトを始めました。
バイトは9時から15時くらいまでのラーメン屋さんの仕事をしながらの求職活動で、結局半年かかって仕事が見つかりました。
もちろんその間の収入はずべてバイト代で、月大体15万円、その中からカードローンの5万円と親への返済と実家への生活費を支払った額が手元に残るのですがそれが大体3万円ほどでした。

 

実家に住まわせてもらっていたので、この額での返済でもまかなえたと思います。
それでも結構きつかったです。就職の面接があればバイトを休まなければならず、就職活動の交通費や文具、携帯使用料などかかるので、出費は多かったです。
それでもなんとかバイト代だけでカードローンと親への借金を返せていけました。
時間がかかりましたが。

 

ただ、ありがたかったのはカードローンは確実に返済していたのですが、収入の少ない月は親への返済は少なめにしてもらえたことがよかったです。
支払いが全て終わった時はすがすがしかったです。

 

その後はカードローンでのかりいれはしていないのですが、この返済月3万円の感覚を返済後も継続させて貯金をしています。
つまり会社の給料日に3万円自動に定期預金に入金するという風にしました。

 

そのおかげで、貯金癖ができ、残ったお金で何とかやりくりをして行くコツもつかめているのだと思っています。

 

今後カードローンや何がしかの借金をしなければならないときも、今回の要領で自分に出来る返済額の設定をきちんと把握しておけば、何とかなるものだと思っています。
金利も借金なので仕方が無いことだと思っているので、借りる先を間違えさえしなければ借金といっても怖くは無いです。

極甘審査ファイナンス