極甘審査ファイナンス

「お守り」代わりの銀行カードローン

私は中年のサラリーマンです。

 

若い頃、私は借金が大嫌いでした。

 

まあ、「借金が好き」という人も少ないでしょうが、私は特に「絶対に借金はしたくない」という気持ちが強かったのです。

 

そのため、ローンを利用したのも、20代で最初の車を買った時と、30代で自宅マンションを買った時だけ。

 

そんな私が、今では銀行のカードローンを「愛用」しているのですから、人間はわからないものです。

 

使うようになったきっかけは、趣味のゴルフでした。

 

私は学校を卒業して就職して、社内の付き合いで始めてから、ゴルフのとりこになりました。

 

ほとんど唯一の趣味と言っていいでしょう。

 

ですから、つきあいだけではなく、友人とプライベートでもよく行きます。

 

それについては妻も別に嫌な顔はしません。

 

「お小遣いの範囲で楽しんでね」というスタンスです。

 

もちろん私もそのつもりです。

 

できるだけ、毎月の小遣いでゴルフを楽しもうとは思っています。

 

けれど、時として、そうもいかなくなることがあるのです。

 

同好の友人から「今度の週末、行かない?」と誘われると、つい「OK」してしまいます。

 

妻にその分の臨時小遣いを要求してもいいのですが、なかなか口に出来ないのが、私の性分。

 

そこで登場するのが、銀行のカードです。

 

給与振込みの口座とは別に、私には若い頃から使っているもう一つの口座があります。

 

妻から小遣いをもらったり、臨時収入があったときなどに、そちらの口座を使うのです。

 

私はその口座のカードローンを利用して、ゴルフに行くことにしました。

 

サラリーマンですから、ボーナス月には、小遣いが増額されます。

 

ですから、そんな余裕のある月に、借金分を返済するようにしています。

 

ゴルフのプレーに使うのですから、額はたいしたことがありません。

 

それで、無理なく返済できるのです。

 

利用するようになって、もう15年ぐらい経つでしょうか。

 

これまでトラブルはもちろん一度もなく、きちんと返済できています。

 

今の私にとって、いつでもお金を用立ててくれる銀行のカードは、「お守り」のようなものと言っていいでしょう。

 

「持っていると安心」、そして時として「ご利益」をいただけるのですから。

 

 

 

 

極甘審査ファイナンス