極甘審査ファイナンス

住宅ローンを活用する時に考えておいた方が良い項目

マイホームを持つ事は多くの人にとって目標とする事でしょう。
宅地の造成は絶え間なく進み、新築、中古を問わず、住宅の売買は盛んに行われています。

 

人気の住宅地では、住みたい人が多いため、宅地の造成や中古物件が発生するとすぐに買い手が見つかっているのが現状です。
郵便ポストにも、不動産会社から販売物件の案内や、売り物件募集のチラシが毎日入っています。
住宅をキャッシュで買う方はごく一部でしょう。ほとんどの方が住宅ローンを使う事になります。
そこで住宅ローンを活用する時に考えておいた方が良い項目をいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

その一。

 

住宅ローンは返済期間が長期間に渡るため、金利等の予測をすることは不可能に近い事。

 

住宅ローンは大きく分けると固定金利と変動金利に分けられます。どちらを選ぶかは賭けごとのようなもので、将来を予測できる人は誰もいません。住宅ローンを組む時の状況を考えて、自分で判断するしかないのです。銀行もアドバイスはくれますが、最終判断は本人がするしかありません。

 

いったん契約して、固定金利か変動金利のどちらかを選んだ後も、金利の変化に合わせて、返済期間の中で自分がどう動くかは、考えておく必要があります。

 

 

 

その二。

 

住宅関連の税制は絶えず変わっていく。

 

住宅ローン減税の制度はいままでいくつか発令されてきました。税制は期間限定で変化してきます。条件の良い税制があり、自分が住宅を取得したいと考えているのであれば、税制を利用できる期間に住宅取得を考える事が一つの方法です。

 

 

 

その三。

 

サラリーマンは終身雇用制ではなくなってきている。

 

住宅ローンを考える時参考にするのは現在の年収とこれからの年収予測です。終身雇用制の存在する時代は、将来の自分の年収を予測する事が可能でしたが、これからの時代は、雇用の確保を企業に期待するのは難しい時代に突入してきています。これからは自分の将来年収についてもより慎重に考える必要がありそうです。

 

 

 

その四。

 

家の値段は数千万単位で変化する。

 

これから住宅ローンの金利が上がるか下がるかを考えて、住宅の購入時期を考える事も大切ですが、実は住宅物件の値段はそれ以上に変化している事を理解しておく必要があります。

 

自分が考えている物件の周辺の住宅が以前どのくらいの値段で売買されていたかという情報は、取得しておいた方が良い情報です。同時に売買された当時の住宅ローンの金利も調べてみましょう。その当時に比べて割高か割安か判断が出来るはずです。

 

極甘審査ファイナンス